スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で手紙を書く

英語で手紙を書く方法を知っておくと、ビジネスに役立ちます。会社であれば、社員はたくさんいるものです。その中で、英語で手紙を書くことができる社員がいれば、その社員の評価は高まりますよね。昇進にも良い影響を与えるだろうし、海外出張のチャンスも舞い込んでくるかもしれません。ぜひ、書き方をマスターしておきたいものです。 

「今では誰もが英語ができる時代」などと、言われています。しゃべるのが普通、みたいな感覚になっています。しかし、本当にそうでしょうか。本当にみんな、英語を簡単に使いこなしているのでしょうか。もしもそうなら、英会話学校があんなにCMを流すほど、繁盛しているはずはないのです。だから、ここで頑張って、英語をマスターしておけば、周囲から抜きんでることがでいます。 

英語で手紙を書くために、まずおさえておきたいのが、あいさつです。基本的なところでは、用件からまず書く、ということです。単刀直入にズバッと書いてしまうわけです。また、簡潔に書くことも大切ですね。日本のように、仰々しく、回りくどい表現を使う必要はありません。 

相手との親密度により、宛名の書き方などの表現を変えることも覚えておきましょう。友達など、カジュアルな関係なら、宛名は"Hi, Anna"とか、"Anna"だけでも良いでしょう。これが、ビジネスなどフォーマルな場合は、"Dear Smith""Dear Mr. Smith"などのように、Dearをつけます。
スポンサーサイト

バーチャル外国為替取引

バーチャル外国為替取引は、実際に外国為替取引を行う前に、
ぜひ行っておきたいです。

バーチャル外国為替取引とはその名のとおり、
バーチャルな投資です。

専用のツールを使って注文を出します。

そこで展開される投資はあくまでバーチャルであり、
勝っても負けても、実際のお金の動きはありません。 


しかし、バーチャル外国為替取引は
リアルトレードを反映した相場になっています。

実際に相場が変動すれば、バーチャルな画面の中でも変動します。

つねに、リアルタイムで変動します。

実際の相場が、どのような動き方をするのか、
またどのように投資をして、どのタイミングで決済すれば損しないのか、
あるいは儲けを出すことができるのかを、
バーチャル外国為替取引を通じて知ることができます。

その意味で、たいへん意義があります。 


ガイドブックで、FXのルールを頭に入れたら、
まずはバーチャル外国為替取引で注文を出してみましょう。

取引注文では、成行、指値、逆指値といった
オーソドックスな投資方法から、IFD(イフダン)注文、
OCO(オーシーオー)注文など、
上級者向けの注文も出すことができます。

大胆な投資も、バーチャルな世界なら可能です。 


投資というのは、場数を踏んでこそ上達するものです。

ときには大胆なことをやって、失敗するのも勉強です。

しかし、すべて実際の取引の場面でやってしまって、
その度に大損をかぶってしまっては元も子もありませんから、
練習をつむならバーチャルな世界で行いましょう。

レバレッジ規制のない海外でfxしよう

金融庁により、2011年からfxのレバレッジを25倍までに
引き下げるレバレッジ規制が実施されています。

相次ぐ悪質fx業者の犯罪、過熱したハイレバレッジ競争により、
ついに金融庁によるストップがかけられたのです。 


しかしこれは、世界的に見て不当なやり方です。

現在、個人投資家においてもっとも利用されているのがfxです。

少ない自己資金で大きなリターンを得ることができるfxは、
個人投資家の強い味方のはずなのです。

そこに規制をかけるのは、おかしな話です! 


海外を見渡してみると、アメリカでは100倍、
イギリスでは無制限のレバレッジが認められています。

25倍までなんて言っているのは日本だけです。

したがって、レバレッジ規制を回避するには、
海外のfx業者で口座をつくるしかありません。

海外で口座を作れば、従来どおり、
高レバレッジでの取引が可能となります。 


海外のfx会社の口座を作る、というとちょっと
ビビってしまいますが、最近では日本語スタッフが
常駐している海外fx業者も出てきました。

日本から口座を作れるところの多くでは、
日本語スタッフが常駐、電話サポートも日本語で
してもらえます。

スプレッドも日本の業者と同じくらい狭く設定されています。 

英語手紙の書き出し その2

英語手紙の書き出しというと、真っ先に「Dear」が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。中学校の授業で、英語手紙の書き出しに「Dear」を付けた記憶があるかと思います。「Dear」は日本語にすると「親愛なる」などと訳され、知らない人への手紙の書き出しに適しているのだろうかと思ってしまいますが、実はDearは基本的な表現であるだけでなく、丁寧な言い回しですので、どのような手紙にも使用できます。

Dear以外にも英語手紙の書き出しには、様々なパターンがあります。何度もカジュアルなやりとりをしている相手、親しい相手には、口語の挨拶「Hi,」で書き出すことも良くあります。ビジネスメールでも、一緒に仕事をしている間柄などではよく見られます。

「Mr.」や「Ms.」などに関しては、間違うと恥ずかしい初歩的な事なので、しっかりと把握しておくことが重要です。少し前までは、女性に対しては既婚者には「Mrs.」未婚者には「Miss」というルールが適用されていましたが、今はビジネスでは殆どの場合、「Ms.」を使います。ビジネスウーマンに既婚も未婚も関係ありません。

また、英語手紙の書き出しには、内容がずばりと書かれていなければなりません。英語手紙の書き出しにも当てはまる事なのですが、文章を作成する時に、要点を最初の一文で説明するというのは日本語の起承転結に慣れてしまっている人には戸惑いを感じてしまうかもしれません。

また、もっとネイティブが使うような、気の利いた文章にしたいと思っている方は、すぐにネイティヴのように書きたい気持ちは分かりますが、経験の部分が大きいかもしれません。他の文との釣り合いがとれていないと、変な印象を与えてしまいます。慣用句などを入れたいときは、意味をしっかり把握して使いましょう。

またやりとりを通して、コミュニケーションの中で覚えていくと、新しい言い回しも見つかって面白いかと思います。完全にネイティブに近づくには経験値は必要ですが、サポートしてくれるソフトなどを利用するとネイティブらしい英語手紙を簡単に作成することも可能です。英語手紙の書き出しをサポートしているソフトもありますので、そういったものも検討すると良いかもしれません。

情報カタログ

記事ディレクトリサイト、情報カタログはあらゆるジャンルの記事を集めたサイト。ここに掲載されている記事は、勝手に取って自分のブログに貼り付けが可能なんだそうです。ただし、参照元の記入とリンクは必要。

英語関係の記事もたくさん掲載されています。

プロフィール

MahiSoni

Author:MahiSoni
印象の良い、且つ伝わる英文レターや英文メールを書くためのヒントをメモしていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。