FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインは形容詞の宝庫

私が最近はまっているのは、イギリスの雑誌、Delicious。
イギリスには年に数回行く機会があるのだけれど、去年行ったときに空港でたまたま買った雑誌。
いつもはIn Styleとか、ファッション系の雑誌を買う事が多いんだけど、そのときおなかがすいていたのか、料理の雑誌を買った。

これは、チープにできる1週間のレシピとか、わりと主婦向けっぽいんだけど、グルメで高級感もある。
特に私が好きなのはワインのページ。最近ワインのおいしさを知ったので、ワインの評論を興味深く読む。

ワインの味なんて、まだ似たり寄ったりだと思っている私には、ワインがrichでripeなのはわかるけれど、crispでzestyなのはどんな味なのだろうと思ってしまう。
そう、ワインの評論は形容詞の宝庫。ワインのアロマや微妙な味わいを言葉で表そうとするから、色々な形容詞が飛び出てきます。それも、普段あまり使わないようなエレガントなものが。英語の記事の書き方の参考にもなるなる。

おいしい料理とワインについて読みながら、形容詞の語彙も増えちゃう。最近の楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MahiSoni

Author:MahiSoni
印象の良い、且つ伝わる英文レターや英文メールを書くためのヒントをメモしていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。