FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の手紙の書き出し

日本語の手紙では本文の書き出しに時候の挨拶を使いますが、時候の挨拶は、若い人の間では難しく感じてしまうようです。その点、英語の手紙の書き出しには時候の挨拶を使うことはありません。

とはいえ、英語の手紙の書き出しにも、ある程度、決められた言葉を使うことがあります。まず、日本でいう「~さんへ」にあたる部分には「Dear」を使います。「Dear」の後に相手の名前を書くのです。相手が恋人の場合は「Dearest」(親愛なる)という最上級の単語の後に相手の名前を書きます。そして、本文となる英語の手紙の書き出しには、「How are you?」(お元気ですか?)のように相手の安否を気遣うような文章を入れます。親しい相手であれば、「What’s up?」(調子どう?)のような日常会話で使う文章で英語の手紙を書き出しても良いでしょう。

英語の手紙の書き出しは、相手との関係性を踏まえた上で使い分けることが大切です。関係性によっては、単純に「Hello!」で英語の手紙を書き出しても構いません。無難な英語の手紙の書き出しは「How are you?」です。これは、久しぶりに手紙を出す場合や老若男女に使える英語の手紙の書き出しです。また、返信としての英語の手紙の書き出しには「Thank you for your letter~」を使うと良いでしょう。感謝の気持ちを表す文章から始めるのです。

それから、英語の手紙の書き出しといってもビジネスとして出す場合には、「Hi!」のような英語の手紙の書き出しではあまりにもくだけすぎてしまうため、ビジネスとしての英語の手紙の書き出しには「Dear」の後に「Sir」、あるいは「Madam」を付けるようにします。もちろん、相手の名前が分かっている場合には「Dear」の後に名前を入れましょう。英語の手紙の書き出し方については、WhiteSmoke英文ライティングソフトを使うと楽に学ぶことができます。
スポンサーサイト

テーマ : 英文ライティング
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

MahiSoni

Author:MahiSoni
印象の良い、且つ伝わる英文レターや英文メールを書くためのヒントをメモしていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。